💙『わたしの理想』の表紙を描き直しました

漫画読み放題プランにアップする漫画は、キャラの関係性や鉄分に基づく補足展開のほか、作画の修正も含まれています。

というか、私自身に地の画力や構成力がないため、買い切り/売り切りとせず常に進化していくコンテンツとしてサブスクを選んだ側面が非常に強いです。

漫画は好きになっていただいた後が大事。絵にしろ、シナリオにしろ……と。

というわけで、今日はひょんなことから(?)『わたしの理想』の表紙を修正することとしました。

『わたしの理想』は、戦時体制やそれに伴う交通系会社の合併……ということで、私としてもエンターテイメントに昇華するのに(とはいえ現実的な部分はなるだけデフォルメを減らし)苦心したのですが、

今になっても好きだと言ってくださる方も多く、思い出深い話です。

まずビフォー表紙。

この頃は上手くなったなーと思ってたのですが今見ると上の二人、特に志摩の崩れ方が尋常じゃない……😣

タイトルははじめ右肩下がりだったのですが、母に「理想なんだから右肩上がりじゃないのか」と真っ当なツッコミを入れられ修正したという当時の思い出……

アフター表紙。

ちゃんと上達していけるように新規キャンバスは避け、必要な部分をなぞって直すことに。レイヤー残しといてよかった。

上半分

全体的に立体感が出るように修正しました。

具体的には光源意識、目の形と位置修正、肌と髪の塗りをオーガニックにする(最近はまっている表現)などなど……

下半分。男子パート。

主に両サイド(東海道の長男次男)を修正。

こちらも目の配置と形を修正してイケメン度を上げつつ、横顔のシルエットを全体的に修正しています。

横顔は、あまりにも画力が乏しかった頃に「あなたの絵柄ならばこのぐらいデフォルメしたほうがいい」と指摘されてシンプルなものにしていたのですが、私自身はリアルな横顔が好きでずっと憧れていたので、そろそろこちらに変えてもいいのではないかと思い、今年1月に連載した『アルプス横断記』の頃から徐々にシフトしていっています。

自分の絵をイケメンと言ってもらえるまでに本当に時間がかかった。かかった……

ただ、本編中では次男(右)が少しひねくれているので、ビフォーの幼さが残る表情も捨てがたかった……彼の顔立ちはもう少し模索したいです。

このシリーズで名前が3回も変わる中央のキャラ(東邦電力の鉄軌道線→神都交通→三重交通神都線、現在の三重交通バス)は、

現在ツイッターで連載中の『張子兄弟と絵図の虎』でも怪しげなオーラを醸し出しつつ京阪にいいように使われていますが、この時代も本当に大変だった……

漫画読み放題プラン用に加筆する際は、彼と次男の関係性を史実ネタから掘り下げていきたいです。色々あったんだよ……

いろいろと同時進行していてなかなかまとまったものが出せていませんが、今月もプラン別投稿をしていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします😘

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA