💙支援金の使い道、ぶっちゃけます。サブスク収支報告!

7月になりましたね!

正直暑さより湿度にやられております、みりめいです。

本格始動も3ヶ月目となりまして、少しずつ記事の公開にも慣れてきたところですが、
ここで改めて、簡易的な「収支報告」を行いたいと思います。

やっぱり、払ったお金がどう使われてるかって気になるしね!

FANBOX公式はゆるめでも大丈夫~ってさとしてくれるけど、好きなコンテンツに払ったぶんは好きなコンテンツとして戻ってきてほしいじゃないですか。

そのへん、みりめいはどうしてるん? ということを今回は書きます。

んではぶっちゃけます。

私がpixivFANBOXで得ている収入は、

ほぼぴったり、月に一箇所の県外図書館から本を取り寄せられる金額に相当します。

コロナ中にはありがたいですね!

コロナでなくても、遠い土地に行くときは現場での鉄分補給を優先したいので、作品制作に必要な資料はなるだけ家で読みたい。

つまり、月々の支援金は「時短」に非常に役に立っています。

ここで時短したぶんが、先ほども申し上げました現場での鉄分補給と、漫画や記事の作業時間そのものを生み出すわけです。
これ以上作者にとって助かることがあるかい。

というわけで、先日初めて県外図書館からの取り寄せを利用したので、その本を紹介します。

小林橘川 著『藍川清成』。

愛知電気鉄道→名鉄初期の社長の伝記です。

Twitter のフォロワーさんに、「伊勢電に未練タラタラだったことがよくわかる」とおすすめいただき、取り寄せに至りました。

愛電→伊勢電描写はページ数としてはそこまで割かれていないものの、非常に興味深かったので、
『伊勢街道いまむかし』を「漫画読み放題」プラン以上の方向けに加筆する際に活かせたら、と思います。

それにしても、愛電と名鉄の社長さんの伝記ですよ?

当然、名鉄の二人が主人公のコンテンツを増やしたいという欲も。

名鉄の二人は、近鉄の名阪コンビによくつっかかるヒールキャラとしての役割で登場させました。
彼女たちを主人公にした展開は、はなから想定していません。

しかし、昔から私の漫画を支えてくださっている女性読者の方や、
近鉄が好きでそこから入って下さった男性読者の方に受けまして、
こんな役回りだけじゃ申し訳ないかなー? とも思ってました。

わかるで。

愛嬌たっぷりグラマー女子と長身スレンダーつよつよ女子の組み合わせ、女子は好きやん。

あの複雑な運用と路線図、多彩な車両なんて、近鉄同様往年の鉄道ファンのハート掴むやん。

完全に手前味噌やけど需要あるであのキャラは。

というわけで、ちゃんと勉強したいなと思っておりました。

それだけに良い機会となりました。

ちなみに。

前回、支援者様限定記事として、8月10日に平城宮跡にて奈良県の鉄道関係のイベントに登壇することについての暴露本……ゲフンゲフン舞台裏記事を上げましたが。

現在、あと二つほど、進行中の案件があります。

今後、「みりめい」名義で鉄道関連の活動が増えてきたら……

その際は、月額制でご支援くださってる方は「みりめいがワシが育てた」って、堂々と言ってくれて、ええからな。

言うたで!

▼これを描く前に録ったインスタライブ
取り寄せた本をちみっと紹介しております。

https://www.instagram.com/tv/CQ5uEryJpT_/?utm_medium=copy_link

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA